デリケートゾーン 黒ずみ クリーム

気になるデリケートゾーンの黒ずみ・・・」悩んでるのはアナタだけじゃありません!

 

 

遊んでいると思われるかも・・・

 

水着を着るのに自信がない・・・

 

温泉旅行、楽しみだけどちょっと恥ずかしい・・・

 

 

黒ずんだデリケートゾーンが原因でこんな悩みを抱えていませんか?

 

場所が場所なだけにひとりでこの悩みを抱えている方もいらっしゃるとかと思います・・・。

 

 

ですが、あきらめないでください!

 

 

デリケートゾーンの黒ずみは、丁寧なケアをすることで改善することが期待できます。

 

あきらめずにコツコツとケアを続けて、透明感のあるつるつる肌を一緒に目指しませんか^^

 

 

このページでは、デリケートゾーンの黒ずみに効果のある美白クリームについて詳しく書いていきたいと思います。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみに効く美白クリームをお探しの方、「デリケートゾーンの黒ずみに効くスキンケア用品なんてホントにあるの!?」という方の参考になれば幸いです。

 

 

そもそもデリケートゾーンが黒ずむ原因とは・・・。

 

 

 

そもそも、どうしてデリケートゾーンが黒ずんでしまうのでしょうか・・・。

 

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は大きく分けて2つあります。

 

 

摩擦・刺激による肌へのダメージ

 

サイズの合ってない締め付け感のある下着やジーンズを履いていると、動くたびに肌がこすれて摩擦のダメージが加わってしまいます。

 

摩擦が生じると、肌を守るためにメラニンが生成されます。

 

このメラニンはターンオーバー(肌の生まれ変わる周期)の過程で排泄されるのですが、繰り返し刺激を受けたり、ターンオーバーが乱れていると、黒ずみになってしまいます・・・。

 

また、下着やタイトなパンツの締め付けだけではなく、T字のカミソリで剃毛したり、フラッシュ脱毛などで頻繁に刺激を与えると、メラニンが生成されます。

 

このような、摩擦や刺激に対してメラニンを生成することで皮膚を守ろうとするために、色素沈着を起こして黒ずみが発生してしまうのです。

 

 

女性ホルモンの乱れ

 

女性ホルモンバランスの乱れも黒ずみを引き起こす原因になります。

 

不規則な生活や、食生活の乱れ、ストレス過多の生活などの日々が続くとホルモンバランスを崩してしまいます。

 

そうしますと、ターンオーバーのサイクル(28日間)が乱れて、古い角質がスムーズに排出されなくなり、黒ずみへとなっていく場合があります。

 

特に、妊娠をするとホルモンバランスの影響でより黒ずみが顕著になります。

 

また、女性ホルモンに乱れが出てくると黒ずみだけではなく、生理不順や寝付きが悪くなったり、体が冷えやすくなる、情緒不安定になったりなどいいことはありません・・・。

 

 

じゃあ、どうすればいいのか・・・

 

 

まずは現状よりも黒ずみを悪化させないことが大事になります!

 

 

日常で簡単にできるのが、毎日の刺激をできる限り軽減することです。

 

下着を自分に合った下着のサイズや形状、そして素材を見直してみることが大切です。

 

デリケートゾーンはほぼ24時間ずーっと下着や衣類からの刺激を受けていますので、可愛いお気に入りのデザインだからといって、化学繊維のものやサイズの小さいものはなるべく選ばないようにしましょう。

 

すでに上述していますが、刺激は黒ずむ原因になりますので、下着のサイズがきつく、締め付けの強い形のものでは、強く当たるところが黒ずんできてしまいます。

 

素材は、綿(コットン)や絹(シルク)、吸湿速乾加工を施した線維が、お肌への刺激が少なく通気性もいいのでオススメです!

 

 

そして、お肌のターンオーバーを高めて美白ケアをすることが大切です。

 

美容外科やクリニックに通ってレーザーで黒ずみを消してしまう方法もありますが、大きい声では言えませんが医療トラブルのリスクが伴いますし、レーザー治療は保険が適用されないので数十万とかなり多額な治療代かかってしまいます・・・。

 

 

そこでこのページのテーマ、「お肌のターンオーバーを最大限に高めてくれる、黒ずみ専用の美白クリームでのケアがおすすめ!」ということになるのです!

 

 

美白クリームの美白成分がお肌に働きかけて、メラニンの生成を抑制して黒ずみを防いだり、すでにできてしまったメラニンを薄くする働きを発揮します。

 

美容外科やクリニックによるレーザーとは違って、安心・安全・安価にできるのもおすすめポイントになります^^

 

 

 

絶対失敗しないデリケートゾーン黒ずみ対策クリームの選び方!

 

 

 

デリケートゾーン専用の黒ずみ対策クリームを選ぶポイントは2つあります。

 

 

1つめは美白有効成分が配合されていることです。

 

医薬部外品の美白有効成分は、厚生労働省によって効果が認められています。このような成分が配合されている成分は「医薬部外品」と記載されています。

 

 

もう一つのポイントは肌に優しいことです。

 

デリケートな部位に使用をするので、肌に優しく安心できる製品を選びましょう。

 

 

オススメのデリケートゾーン黒ずみ対策クリームTOP3!

 

 

【第1位イビサクリーム】

 

 

 

脱毛サロンが開発、デリケートゾーンの美白ケア人気NO1を達成したクリームが「イビサクリーム」です。美容専門雑誌や新聞にも紹介されています。

 

黒ずみで悩む肌はダメージを受けています。だから、たっぷりの保湿成分を与えて肌をいたわることが大切です。イビサクリームには、厳選した8種類の保湿成分が配合されています。潤いを届けて健やかな状態へと導きます。

 

もちろん、美白成分も配合されています。有効成分はグリチルリチン酸2Kとトラネキサム酸です。トラネキサム酸は、医薬部外品として厚生労働省に認められています。さらに、4種類の植物成分も配合しています。黒ずみの原因にアプローチをして、美白をサポートします。

 

そして、肌に優しい5つの無添加です。合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンは不使用です。

 

 

 

 

【第2位ヴィエル】

 

 

 

93.7%が使い続けたいと回答しているクリームが「ヴィエル」です。

 

黒ずんでいる肌には、表面と内側にたっぷりの美白成分と保湿成分を与えることが大切です。ヴィエルは、美白成分3種類と保湿成分11種類をギュッと凝縮しています。有効成分はトラネキサム酸とグリチルリチン酸2kです。トラネキサム酸はメラニンの生成を抑制し、グリチルリチン酸2Kは美容成分を必要な場所に届けます。

 

そして、肌に優しい無添加です。着色料・紫外線吸収剤・パラベン・シリコン・動物性原料は使用していません。ヴィエルはプッシュ方式です。ジャータイプはジャー中身に手が触れるので不衛生ですが、プッシュ方式なら直接中身に触れないので、製品を清潔な状態に保てます。

 

 

 

 

【第3位ホスピピュア】

 

 

 

数々の女性雑誌で紹介され、2016年のモンドセレクション金賞にも選ばれているクリームが「ホスピピュア」です。

 

ホスピピュアは黒ずみケアだけでなく、美肌にも導きます。有効成分にはトラネキサム酸と配合しています。メラニンの生成をするメラノサイトはメラノサイト刺激因子の作用によってメラニンを生成します。トラネキサム酸は、メラノサイト刺激因子を阻害して、黒ずみの根本に働きかけます。

 

さらに、天然由来成分や保湿作用があるスクワランやシアバターも配合をしています。そして敏感肌にうれしい、パラベン・香料・着色剤・アルコール・シリコンは無添加です。

 

 

 

 

まとめ

 

デリケートゾーンの黒ずみを予防・改善するには、専用の美白クリームを使用することが効果的です。根気が必要ですが、諦めずにケアを続けて、透明感のある肌を目指しませんか。